名商イベントカレンダー

Top> イベントカレンダー> アメリカ住宅建材セミナー
セミナー・講演会中堅社員管理者・リーダー経営者・経営幹部政治・経済

アメリカ住宅建材セミナー

シアトルで活躍する日本人建築家が見る、米国の住宅設計の資質
 〜日本人のデザインセンスが光るアメリカ建材の使い方〜

例えば車や化粧品などのCMで映るのが欧米の街並みやインテリアであることが多いのは、音楽のように調律された美しいデザインがあるからです。アメリカの住宅はただ大きいだけではなく、どこかに日本にはない魅力のデザインの資質があり、それが美しい街並みを形成し、クラシック音楽と同様に世代を超えて資産価値を保つことに繋がっています。アメリカの建材には使い手によってそれぞれ多様なデザインや組み合わせが実現できるため、日本の住宅にも上手に取り入れれば、従来の日本的デザインの既成概念を覆し、新たな市場を開拓できることでしょう。

最新輸入建材のショーケース・・・在来工法にも使える!デザイン、快適、に資産価値を生み出す建材ぞろい!

同時開催のミニ展示会では輸入建材のサンプルやカタログをご提供します。アメリカ建材のデザイン性の高さは多くの方が認めるところです。美しいアメリカの住宅がどのような建材で成り立っているのかを知り、よりデザイン性が高く居心地の良い居住空間を実現するお手伝いを致します。


日程

2017年10月12日(木) 13:00〜17:00

会場

アイ.エム.ワイ(imy)5階 第3会議室(名古屋市東区葵3-7-14)

内容・スケジュール

■基調講演1: 「時代を超える恒久美住宅を創る」

米国北西部では未だに多くの築100年を超える住宅が資産価値が高いとされ、現役で高値で取引されています。
これらの住宅のデザインコンセプトや建材の仕様、高性能設備など様々な設計要素を紹介し、日米の住宅建材と
デザインに精通した日本人建築家ならではの目線で、日本の住宅デザインの可能性と幅を広げる提案をします。

■基調講演2: 「アメリカ北西部のトレンドとクライアントニーズの組み合わせ方」

ケーススタディや施工写真を豊富に用いて、新築とリモデルのトレンドを紹介。キッチンやバスの仕様、エイジング
インプレイス等々、多岐多様なクライアントの要求をどのようにトレンドと組合せて設計に反映させていくかの手法を
公開します。

■講師プロフィール: 松原 博 氏

シアトルに本拠地を置く建築デザイン会社、GM STUDIO INC. 主宰
東京理科大学理工学部建築科、カリフォルニア大学ロスアンジェレス校建築大学院卒。
清水建設設計本部、リチャードマイヤー設計事務所、ジンマー ガンスル フラスカ設計事務所を経て、2000年からGM STUDIO INC. 主宰。主な活動は住宅の新、改築及び商業空間の設計・インテリアデザイン。

詳細情報

対象者

米国の住宅・建材産業にご関心のある方

参加費

無料

定員

70名

申込期間

2017年09月13日〜2017年10月11日
申し込み受け付けは終了しました。

主催米国ワシントン州政府商務局
共催名古屋商工会議所、アメリカ針葉樹輸出協会(SEC)、(一社)輸入住宅産業協会(IHIO)、
(一社)JBN全国工務店協会、ATC輸入住宅促進センター
関連リンク

参加申込みはこちら

問合せ先

名古屋商工会議所 国際グループ 梅村
TEL: 052-223-6741

米国ワシントン州政府商務局 住宅・建材プログラム日本事務所
電話: 03-5510-1122 メール: wsjoban@gol.com


名古屋商工会議所の入会案内