名商イベントカレンダー

Top> イベントカレンダー> 知的財産権講習会(初心者編)
セミナー・講演会中堅社員管理者・リーダー経営者・経営幹部モノづくり会員優待

知的財産権講習会(初心者編)

知財を知って、経営戦略に活かす、製品・ブランドを守る!
企業競争力の向上・事業拡大に際して、知財への理解は必要不可欠です!!

特許を始めとする「知的財産権制度」をこれから学ぼうとする方・初めて実務に携わる方を対象に経験豊富な
弁理士を講師にお招きし、基本的な概念や原則について平易に解説する講習会を下記の通り開催いたします。
この機会に皆様お誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。


日程

2018年4月12日(木) (1)09:30〜12:30 (2)13:30〜16:30
     4月19日(木) (3)09:30〜12:30 (4)13:30〜16:30
     4月26日(木) (5)09:30〜12:30 (6)13:30〜16:30

会場

名古屋商工会議所 3階 第1会議室 (名古屋市中区栄2-10-19)

内容・スケジュール

(1)「知的財産権制度の概要」

  講師:小西・中村特許事務所 弁理士 中村 知公 氏
      (吉備国際大学大学院 知的財産研究科(通信制) 教授)

  知的財産制度の存在理由、知的財産の種類(特許、実用新案、意匠、商標、商号の他、地理的表示、
  種苗権、営業秘密、ドメイン名、パブリシティ権等)、特許庁に登録する意義、
  知的財産に関する主な国際条約 等

(2)「特許・実用新案法」

  講師:小西・中村特許事務所 弁理士 中村 知公 氏
      (吉備国際大学大学院 知的財産研究科(通信制) 教授)

  ・特許法:1)特許になる発明の紹介「こんなのも特許です」2)出願から登録までの流れ3)発明の特定の仕方
        4)特許権の権利範囲の考え方5)職務発明制度 6)特許に関する国際条約
  ・実用新案法:1)特許との相違点、2)特許か実用新案か。判断のポイント

(3)「知的財産契約の基礎知識」

  講師:あいぎ法律事務所 弁護士・弁理士 早瀬 久雄 氏
      (日本弁理士会東海支部 知財契約検討委員会 副委員長)

  知的財産契約とは何か、知的財産契約を締結する理由・メリット、契約締結時に注意すべき事項
  (秘密保持、共同研究、共同出願、ライセンス等)、自社に不利な契約とならないためのポイント 等

(4)「著作権法」

  講師:いいだ特許事務所 弁理士 飯田 昭夫 氏
      (国士舘大学 副学長 同大学院総合知的財産法学研究科 教授)

  保護される著作物、著作者(法人著作含む)の権利、伝達者の権利(著作隣接権)、権利期間、権利の制限、
  権利侵害に対する処置、著作権契約の重要性 等

(5)「意匠法」

  講師:小西・中村特許事務所  弁理士 中村 知公 氏
      (吉備国際大学大学院 知的財産研究科(通信制) 教授)

  1)デザインを保護する法律の概要 2)なぜ、意匠登録を勧めるのか 3)多彩な意匠登録の種類(部分意匠、
  関連意匠、秘密意匠、画像デザイン)4)意匠制度を活用する際のポイント
  5)国際登録制度(ハーグ協定ジュネーブ改正協定)

(6)「商標法」

  講師:小西・中村特許事務所  弁理士 中村 知公 氏
      (吉備国際大学大学院 知的財産研究科(通信制) 教授)

  1)「ブランド」を保護する法律の概要 
  2)「商標」は最も身近な知的財産です:商標の種類と新しいタイプの商標
  3)「BtoB」のビジネスに「ブランド」が必要な理由 4)商標調査の重要性 5)商標出願の仕方と審査の流れ
  6)地域団体商標と地理的表示 7)国際登録制度(マドリッド条約プロトコル)

詳細情報

対象者

個人事業主、小規模企業・中小企業の経営者、法務・知財のご担当者様等

受講料

・(一社)愛知県発明協会会員…無料
・名古屋商工会議所会員…無料
・非 会 員…1名につき 3,000円

定員

50名(先着順)

締切

申し込み・受講料振込は4月4日(水)までにお願いします。

申込先

以下の「知的財産権講習会(初心者編のご案内)」をご確認の上、FAXにてお申込ください。

知的財産権講習会(初心者編のご案内) (Word形式 :180KB)

申込期間

2018年01月15日〜2018年04月04日

問合せ先

産業振興部 知的財産グループ 担当:高瀬
TEL:052-223-5641 FAX:052-221-6964
E-MAIL:takase@nagoya-cci.or.jp


名古屋商工会議所の入会案内