明治・大正の出来事 1881~1926

明治・大正の出来事の一覧に戻る

名古屋商工会議所のあゆみTOP > 明治・大正の出来事 > 第10回関西府県連合共進会

明治43年(1910)
第10回関西府県連合共進会

名古屋市の産業発展に大きく寄与した関西府県連合共進会

 関西府県連合共進会は、第1回目が明治16年に大阪市で開催されて以来、国内の大規模博覧会として、3年おきに開催されていました。明治43年の当地開催の趣旨は「日本全国から多くの人に名古屋に訪れていただき、当地の製品を広く世間に知らしめ、モノづくりの発展に資する」こと。
 本所も、産業発展のための一大イベントとなるよう、準備・開催にあたり尽力しました。県知事に対しては「大規模な博覧会にふさわしい施設となるように、名古屋市と連携して準備に着手してほしい」と要望。その後、愛知県が打ち出した予算規模は、前回開催の4倍にまで達し、北海道・東北・九州を除く全国からの出品物を展示した大規模博覧会へと発展。本市の産業発展に大きく寄与しました。
 出展物の中には、「豊田佐吉氏の織機」も含まれており、その評価として「構造や性能が優秀で、欧米先進国の製品に匹敵する」と、世界的価値を有しているとの評価を受けています。
 本所は開催後、意匠の優秀な出品物を撮影・出版することで、当地をはじめとする洗練された製品を広く世に広めました。

会場図

会場図

開催概要

目的当地の製品を広く世間に知らしめ、モノづくりの発展に資する
会期明治43年3月16日~6月13日
入場者2,632,748人
場所旧御器所村(現在の鶴舞公園周辺)
出品物約129,000点
※愛知県からは、陶器、木材など各分野から10,295点が出品

 

開場風景(出典:第10回関西府県連合共進会事務報告)

開場風景(出典:第10回関西府県連合共進会事務報告)

 

名古屋商工会議所のあゆみのトップページへ

このページの先頭に戻る