昭和(中期~後期)の出来事 1946~1989

昭和(中期~後期)の出来事の一覧に戻る

名古屋商工会議所のあゆみTOP > 昭和(中期~後期)の出来事 > 名古屋空港の整備・促進

昭和33年(1958)
名古屋空港の整備・促進

始まりは「名古屋地方防空飛行場(小牧飛行場)」

 昭和19年2月、名古屋市防衛のための航空基地として、旧陸軍が「名古屋地方防空飛行場(小牧飛行場)」を建設しました。これが、現在の県営名古屋空港の前身となります。
 終戦後、米軍の管理下に置かれたものの、昭和27年には民間定期路線の乗り入れが認められ、日本航空が定期路線(東京-名古屋-大阪)の運航を開始しました。昭和32年2月には、小牧飛行場に観光施設・事務所等を収容するビルを建てるため会社を設立することとなり、地元自治体と経済界の出資により、名古屋空港ビルディング株式会社が設立されました。

「小牧飛行場」から「名古屋空港」へ

 昭和33年9月、長らく統治していた米軍から正式に返還され、「小牧飛行場」は「名古屋空港」へ改称されました。その後の名古屋空港の整備促進の重要性に鑑み、県・市・会議所および関係諸団体などで組織する「名古屋空港協議会」を同年12月に設立、会長に佐々部晚穂本所会頭が就任し、事務所を本所に置くこととなりました。以後、整備促進や航空路線の拡充についての要望活動などを実施し、昭和42年4月には国際線ビルが竣工。名古屋空港は、名実共に中部圏の空の玄関口として、多大な貢献をしてきました。

昭和20年当時の小牧飛行場(出典:飛翔 写真でみる名古屋空港のあゆみ)

昭和20年当時の小牧飛行場
(出典:飛翔 写真でみる名古屋空港のあゆみ)

昭和33年当時の小牧飛行場(出典:飛翔 写真でみる名古屋空港のあゆみ)

昭和33年当時の小牧飛行場
(出典:飛翔 写真でみる名古屋空港のあゆみ)

観光名所となったターミナルビル送迎デッキ。創業当時、観光入場料収入は全体の4割以上を占めておりました(出典:飛翔 写真でみる名古屋空港のあゆみ)

観光名所となったターミナルビル送迎デッキ。創業当時、観光入場料収入は全体の4割以上を占めておりました
(出典:飛翔 写真でみる名古屋空港のあゆみ)

 

名古屋商工会議所のあゆみのトップページへ

このページの先頭に戻る