「ベトナム・台湾航空機産業ミッション」のご案内

視察会・見学会 会員限定

開催日
令和2年2月27日(木)~3月3日(火)
会場

ベトナム・台湾における航空機産業の実態に迫る!!

 本所の「航空機産業ミッション」では、2013以来、欧米を中心に機体・エンジンの製造現場の視察を行い、世界の航空機産業の最新動向を把握するとともに、一線で活躍する関係者とのネットワークを深めて参りました。

 こうした中、昨年は、拡大が見込まれる「MRO」の分野に焦点を当て、シンガポール・マレーシアを訪問しましたが、欧米に伍して当地域の産業集積を一層進めるには、こうしたアジア地域との連携・協業が重要になることを実感したところです。


 今般、このミッションの第7回目として、
製造業が急速に発展して、航空機産業での展開も期待されベトナム、「MRO」分野に強みを持つ台湾を訪問する「ベトナム・台湾航空機産業ミッション」を派遣します。

 この機会にお差し繰りご参加賜りますようご案内旁お願い申し上げます。


開催概要・スケジュール

日程

令和2年2月27日(木)~3月3日(火)

会場


内容・スケジュール

2/27()

855     羽田発、ハノイへ 1310   ハノイ着

≪視察≫ベトナムMRO施設(VAECO)【ハノイ泊】

2/28(金)

≪視察≫NIKKISOベトナム、MHIエアロスペース・ベトナム、ベトナム現地企業(機械加工メーカー)【ハノイ泊】

2/29(土)

≪視察≫エバ工業ベトナム工場(日系進出企業)【ハノイ泊】

3/1(日)

1235   ハノイ発、台北(桃園)へ 1610   台北(桃園)着
専用車にて台中へ移動【台中泊】

3/2(月)

≪視察≫漢翔航空工業股份有限公司(AIDC)、台湾現地企業

≪訪問≫台湾航空宇宙工業会(TAIA)【台北泊】

3/3(火)

≪視察≫長榮航太科技股份有限公司(EGAT

1650   台北(松山)発、羽田へ 2040   羽田着、解散

※上記スケジュール、訪問先は現地の都合やフライトスケジュールの変更等により、変更される場合があります。

詳細情報

対象者名古屋商工会議所会員
参加費A.約70万円(往復航空券ビジネスクラス) B.約48万円(往復航空券エコノミークラス)※往復航空券、現地宿泊費、現地交通費、現地団体行動食事代、現地共通経費を含む
定員20名
主な視察先

○MHI エアロスペース・ベトナム

三菱重工が100%出資する現地法人。ハノイ市内の工業団地に立地するベトナム工場では、
2014年から、ボーイング向けの乗降扉(B777)やフラップ(B737)の組立を行う。
今後、現地での部品生産や調達も計画中。


○NIKKISOベトナム
CFRP製カスケード(航空機エンジンナセル部品)で世界の民間航空機市場をほぼ独占する日機装の現地法人。
今年、第二工場が完成したばかりのベトナム工場では、エンジンナセル部品や主翼先端部品を製造している。

漢翔航空工業股份有限公司(AIDC)
完成機(軍用機)製造も担う台湾を代表する企業。
三菱SPACEJETのスラット、フラップ、昇降機などの設計・製造にも参画。
航空機エンジン分野では、GEやロールス・ロイス製エンジンのケースやブレードを製造している。

○長榮航太科技股份有限公司(EGAT)
桃園国際空港において、各国のエアラインから整備業務を請け負う、アジアを代表するMRO企業。
ANAの整備を受託しているほか、ボーイングの中古旅客機を貨物機へ改造する事業も手掛ける。

申込方法案内状の申込み欄に必要事項をご記入いただき、FAX又はE-mailにてお申込みください。
FAX:052-232-5752 Email:yutanaka@nagoya-cci.or.jp


案内状(申込用紙)はこちら
申込期間 2019年11月8日 ~ 2019年12月23日
問合せ先 名古屋商工会議所 産業振興部
モノづくり・イノベーションユニット 担当:田中
TEL:052-223-8604
E-mail:yutanaka@nagoya-cci.or.jp

左右にフリックすると表がスライドします。

PAGE TOP