シリーズ講演会「自動車産業大変革」第4回 CASEがもたらすビジネスチャンス ベンチャー企業の挑戦

セミナー・講演会 会員限定

開催日
平成31年2月21日(木)15:00~17:00(受付:14:30~)
会場
名古屋商工会議所 2階ホール

産業構造の変化に挑戦するベンチャー企業(自動運転、EV)を紹介します!

「100年に一度の変革」とも呼ばれる転換期を迎える自動車産業について理解を深めていただくことを 目的に開催するシリーズ講演会「自動車産業大変革」。第4回は、「CASE」と「ベンチャー」にフォーカスします。自動車産業に押し寄せる「CASE」(Connected、Autonomous、Shared、Electric)の波は、自動車業界だけでなく、周辺の産業までも巻き込んで、ビジネスの在り方を根本的に変革しようとしています。
従来の垂直統合的な産業構造から水平分業化に向け、自動運転、EV分野において、産業構造の変化に挑戦するベンチャー企業にご講演いただきます。この機会に是非ご参加ください。

開催概要・スケジュール

日程

平成31年2月21日(木)15:00~17:00(受付:14:30~)

会場

名古屋商工会議所 2階ホール


会場はこちら

内容・スケジュール

「自動運転の近未来と現在地」
 株式会社ティアフォー 取締役  二宮 芳樹 氏
 名古屋大学 未来社会創造機構モビリティ領域 特任教授
  
名古屋大学発のベンチャーとして2015年12月に設立。オープンソースの自動運転ソフト
       ウェア「Autoware」の開発を通じて、自動運転社会の実現に向けて業界に貢献。
       自動運転システム販売、インテリジェントビークル開発の人材教育、高精度3次元地図の
       配信サービス、ナビ連動型ライブ広告サービス事業を展開。


水平分業で変わるこれからのEV開発
  ~GLMプラットフォームによるものづくりの原点回帰~

 GLM株式会社 COO 田中 智久 氏
       京都大学VBLのEV開発プロジェクト「京都電気自動車プロジェクト」を母体に2010年
        4月設立。自社ブランドによる完成車事業と他社への技術協力や共同・受託開発などを行う
        プラットフォーム事業を展開。国産のEVとしても初となるスポーツカーの量産モデル
      「トミーカイラZZ(ジージー)」を販売。

詳細情報

対象者名古屋商工会議所会員
参加費無料
定員100名(先着順)
申込方法下記リンク先FAX、WEBのいずれかにてお申し込みください。
FAX申し込みはこちら
申込期間 2018年11月19日 ~ 2019年2月14日
申し込み受け付けは終了しました。
関連リンク WEB申し込みはこちら
株式会社ティアフォー HP
GLM株式会社 HP
問合せ先 名古屋商工会議所 産業振興部 
モノづくり・イノベーションユニット 水谷
TEL:052-223-6750

左右にフリックすると表がスライドします。

PAGE TOP