• Top
  • 新着トピックス
  • 小規模事業者持続化補助金[支援機関確認書](コロナ特別対応型)・[事業支援計画書](一般型)交付のご案内

小規模事業者持続化補助金[支援機関確認書](コロナ特別対応型)・[事業支援計画書](一般型)交付のご案内

※小規模事業者持続化補助金の詳細についてはこちら
※「持続化給付金」とは異なります。「持続化給付金」については中小企業庁のウェブサイトをご覧ください。


交付申請受付締切日
〖第3回コロナ特別対応型〗          7月31日(金)    
第4回コロナ特別対応型・第3回一般型〗   9月25日(金)    
(日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金事務局への申請締切日の1週間前)


当補助金の申請には、商工会議所(または商工会)が発行する事業支援計画書(一般型「様式4」)、支援機関確認書(コロナ特別対応型「様式3」)が必要です。
○名古屋商工会議所では、名古屋市内(守山区と大高地区以外の緑区を除く)の小規模事業者で当補助金の申請をされる方に対し、支援機関確認書(コロナ型特別対応型)、事業支援計画書(一般型)の交付申請を受付いたします。
○申請書類の記載内容を確認させていただいたうえで上記書類を交付いたします。交付申請受付締切日までに下記事項にご留意いただき管轄の支部窓口(受付時間は土日祝日を除く9:00~16:30)までお越しください。
 なお、支援機関確認書・事業支援計画書は、即日交付できませんので予めご了承ください。                                                        

交付申請にお越しになる際の留意事項

●代表者が印鑑をご持参ください(法人は会社印)。
※過去、代表者の承認を得ずに代理の方が申請を行い問題になった事例があります。公募要領の通り、当補助金は小規模事業者自らが自社の経営を見つめ直し、経営計画を作成した上で行う販路開拓の取り組みを支援するものですので、窓口には必ず代表者の方がお越しください。
●「公募要領」(コロナ特別対応型)(一般型)を必ずご一読いただき、必要な書式をダウンロードコロナ特別対応型)(一般型し、ご自身で作成のうえ2部ご持参ください。申請書類への押印は不要。
書類は返却いたしませんので予めご了承ください。持参する書類はコピーで構いません。
●窓口へ持参する前に、チェックシート(コロナ特別対応型)チェックシート(一般型)により不備がないかを必ずご確認ください。
 不備がある場合は、支援機関確認書や事業支援計画書の交付ができません。
●申請書類一式を確認し、内容について助言等させていただきます。
●不備がない場合はご持参いただいた書類を受理し、支援機関確認書(コロナ特別対応型)・事業支援計画書(一般型)を後日交付いたします。 大変恐縮ですが再度受け取りにお越しくださいますようお願いいたします。
●お早めにお越しいただければ、申請書類の内容をブラッシュアップする時間ができ、書類の完成度が高めることが可能となります。
申請受付締切日が近づきますと、窓口が大変混み合うことが予想されます。余裕を持って早めのご来所をお待ちしています。

日本商工会議所「小規模事業者持続化補助金」のホームページの見方


交付申請先(受付時間は土日祝日を除く9:00~16:30)

事業所の所在地で申請先が変わります。

事業所の所在地 申請場所
中区、中村区、昭和区、西区 中央支部 (TEL:223-5985)
東区、北区 大曽根支部 (TEL:915-3848)
千種区、名東区 星ヶ丘支部 (TEL:781-5633)
熱田区、中川区、港区 金山南支部 (TEL:265-6441)
瑞穂区、天白区、南区、緑区 新瑞支部 (TEL:853-4543)

緑区は大高地区等に限る。それ以外は事業所の所在地に応じて、鳴海商工会(TEL:896-3331)または有松商工会(TEL:621-0178)まで、守山区の事業所は守山商工会(TEL:791-2500)までお問い合わせ下さい。

補助金受領までの流れ

  • 公募要領および申請書類等の入手
  • 事業主が経営計画の策定・補助事業計画書等を作成
  •        名古屋商工会議所の各支部で相談・指導後に         事業支援計画書or支援機関確認書を受領
  • 締切までに補助金事務局(日本商工会議所)へ補助事業計画書等を提出
  • 補助事業計画の審査・採択発表
  • 補助金の交付決定
  • 【以下採択の場合】
  • 補助事業の実施
  • 所定の期限までに実績報告書等の提出
  • 補助金の受領(精算払い)

管轄支部での相談・指導時、必要に応じて書類の修正をお願いする場合があります。


PAGE TOP