碧南火力発電所と小原町四季桜の視察会

2019年11月22日

碧南火力発電所は石炭火力としては国内最大規模を誇っています。ここでは石炭運搬船1隻で運搬できる8万トンの石炭を3日で消費していますが、それだけ大量に消費しても電力を供給できるのは愛知県の1/2に過ぎないことから、日本における今後のエネルギーミックスの重要性を痛感しました。
豊田市小原町川見(せんみ)地区では、四季桜を名物として地元の方が地場の物産販売を手掛けており、先達の植樹の努力が現在の地域活性化につながっていることを認識できました。

以上


PAGE TOP