中期計画2018-2020 ~躍動し愛されるナゴヤをめざして~

名古屋商工会議所では、2018年を初年度とした新たな中期計画を策定しました。

モノづくりを中心とした当地の産業力を一層伸ばすとともに、2027年のリニア開業を見据え、ナゴヤをもっと「楽しく、面白く、親しめる街」にし、商業・サービス業や観光などソフト面の取り組みも充実させていくという思いを込め、「躍動し愛されるナゴヤをめざして」との副題を掲げました。今後10年間を見据えた際に、大きな課題となるデジタル革命等による大変革への挑戦を後押しするとともに、魅力と個性に向けたまちづくりを関係機関と連携しつつ力強く推進していきます。

〔中期計画の3本の柱〕

Ⅰ 企業力-中小企業の事業・経営支援

「事業承継」や「IT化推進」等を重点テーマに、巡回指導や窓口相談の充実等を図り、「メッセナゴヤ」や各種商談会の一層の充実を通じて、ビジネスマッチング機会の創出を図ります。また、深刻な人手不足への対応として、人材の確保・育成への支援、女性や外国人など多様な人材の活躍・活用の促進に向けた取り組みを進めます。

Ⅱ 都市力-躍動し愛される名古屋へ

リニア開業に向け、まちづくり、観光・誘客への取り組みなど、総合的な取り組みを推進します。またインフラ整備の着実な取り組み。世界交流の深化と拡充に向けた取り組みの強化を行っていきます。

Ⅲ 未来産業力-次世代産業発展・イノベーションの推進

航空機や医療機器産業における、新規参入や販路開拓を支援する取り組みを一層拡大し、AI、IoT、ロボット等に関する情報提供や活用支援を充実していきます。

中期計画2018-2020 ~躍動し愛されるナゴヤをめざして~


PAGE TOP