昭和(初期・中期)1926~1945

昭和(初期・中期)の出来事の一覧に戻る

名古屋商工会議所のあゆみTOP > 昭和(初期・中期)の出来事 > 名古屋汎太平洋平和博覧会

昭和12年(1937)
名古屋汎太平洋平和博覧会

大規模博覧会を強力にサポート

 名古屋汎太平洋平和博覧会は、昭和12年3月15日から78日間に亘って、熱田神宮に近い名古屋港北方地帯の15万坪の敷地で開催されました。
 博覧会に協賛した本所は、前年の昭和11年1月に「名古屋汎太平洋平和博覧会協賛会」を設立。博覧会の各種施設、余興、宣伝などに対する協賛を通して、博覧会を当初から全面的かつ積極的にサポートしました。政府の協力もあり、博覧会は日本国内にとどまらず、世界各国からも出展が相次ぎ、大規模なものとなりました。

開催概要

目的
  1. (1)広く内外産業文化の現状を紹介する
  2. (2)わが国の産業の振興と日本文化の宣伝を行なう
  3. (3)関係各国民の平和親善と共同の繁栄に資する
会期昭和12年3月15日~5月31日(78日間)
会場名古屋市南部臨港地帯の15万坪
出展国太平洋沿岸諸国および名古屋市との友好国
全29カ国
出展物産業、社会、科学など
入場料大人=60銭、子供=30銭、軍人=30銭
入場者数約480万人

ポスター(出典:名古屋汎太平洋平和博覧会会誌上巻)

ポスター
(出典:名古屋汎太平洋平和博覧会会誌上巻)

開場全体図(出典:名古屋汎太平洋平和博覧会会誌上巻)

会場全体図
(出典:名古屋汎太平洋平和博覧会会誌上巻)

平和塔と花壇(出典:名古屋汎太平洋平和博覧会写真帖)

平和塔と花壇
(出典:名古屋汎太平洋平和博覧会写真帖)

 

名古屋商工会議所のあゆみのトップページへ

このページの先頭に戻る