「モノ+フェス」プロジェクト

「モノ+フェス」プロジェクト(技術展示会)

愛知の「産業のちから」の源流と進化を幅広い世代へ発信し地域活性化を目指すプロジェクト。


あいち発!「くらし」の進化展 モノ+フェス2020

昔も、今も、そして未来も、日本の「くらし」の側にある愛知の産業と技術。
その最先端はどうなってるんだろう?
愛知で生まれる、とても身近で、驚きいっぱいの「くらし」の未来を体験しよう!

monofes_バナー(赤、横長)

※今後の感染の広がりなどの状況によっては、開催期間を再度変更する場合があります。
 その場合は、当サイトでお知らせします。
   大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 


会場  トヨタ産業技術記念館
 
エントランスロビー(無料ゾーン)
自動車館1階(別途入場料が必要です)

※会場の開館日程・時間に準じて開催します

会場アクセス
入場料


【展示内容詳細】

「愛知・日本くらしの進化ヒストリー」
 
場所:エントランスロビー

愛知には誰もが知っている日本の「くらし」の側にある様々な技術や製品があります。
その歴史をひもとき未来像を描くコーナーです。
monofes_愛知日本くらしの進化ヒストリー

「未来を描くテクノロジー」
 
場所:自動車館1階

28社・団体が6つのカテゴリーに分かれてブース出展。
モノづくり王国と呼ばれる愛知では、さまざまな分野でくらしを支える新しい技術や製品が日々生み出されています。

monofes_出展者一覧1/3
monofes_出展者一覧2/3

monofes_出展者一覧3/3

【モノ+フェスを楽しもう!】
 
「モノ+フェス」デジタルガイド
モノ+フェスをもっと楽しむためのオリジナルアプリが登場! 
★詳細は近日中に発表します


オープニング特別イベント
トヨタ生活支援ロボット「HSR」によるボッチャボール拾いデモ

開催日時:3月20日(金・祝)~21日(土) 9:30~17:00      
場  所:自動車館1階 特設スペース

※開催期間の変更により本イベントは中止とさせていただきます。
monofes_boccia 
パラリンピック正式競技であるボッチャの
ボール拾いをするトヨタ生活支援ロボット「HSR」


【モノ+フェス開催概要】  

 monofes_開催概要

【各種ダウンロード】
★案内チラシ
★バナー(300×70pixel)


【モノ+プロジェクトについて】
★概要はこちら

【お問合せ先】
「モノ+フェス」運営事務局(㈱新東通信内)
TEL:052‐973-0171   メール: monofes@shinto-tsushin.co.jp