昭和(中期~後期)の出来事 1946~1989

昭和(中期~後期)の出来事の一覧に戻る

名古屋商工会議所のあゆみTOP > 昭和(中期~後期)の出来事 > 第1回産業復興発明展 (現あいち少年少女創意くふう展)

昭和22年(1947)
第1回産業復興発明展
(現あいち少年少女創意くふう展)

65年間続く「産業復興発明展(現あいち少年少女創意くふう展)」

 戦後、わが国において有益な発明案の奨励が特に重要であるとの趣旨から、昭和22年に愛知県、名古屋市、本所ならびに発明協会愛知県支部(現愛知県発明協会)の共催により「第一回産業復興発明展」を開催しました(第4回からは中日新聞社も主催に加わる)。
 以来、「発明展覧会」「発明とくふう展」「あいち少年少女創意くふう展」と名称を改称しながら65年間、一度の中断もなく継続しています。
 本展は、愛知県発明協会における発明奨励の重要事業として毎年多数の出品者を集めていますが、時代の変遷とともに、その目的とするところも変わってきており、現在は少年・少女の創造性の開発に力を入れています。

開催概要

目的有益な発明案の推奨
会期昭和22年12月2日~7日(6日間)
本所、愛知県、名古屋市、発明協会愛知県
支部(現愛知県発明協会)の共催
場所丸栄本館3階

昭和30年に開催された第9回発明展覧会のポスター

昭和30年に開催された第9回発明展覧会のポスター

昭和30年に開催された第9回発明展覧会の様子

昭和30年に開催された第9回発明展覧会の様子

平成22年のあいち少年少女創意くふう展の様子

平成22年のあいち少年少女創意くふう展の様子

名古屋商工会議所のあゆみのトップページへ

このページの先頭に戻る